このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。


動物を助けたい

≪ 助けたい動物たち ≫
今、この時も多くの罪のない動物たちが搾取され、命を奪われています。
私たちの生活の裏側には、さまざまな動物たちの苦しみがあります。
その現状を知り、思いやりのある選択をすることで動物たちを助けることができます。
私たちは、そんな動物たちの命の大切さと愛情や思いやりを持つことの大切さを訴え、
劣悪飼育といった問題を改善、解決できる社会を目指しています。


犬や猫の現状

家族の一員として愛される動物たち。
その反面、飼育放棄、虐待、殺処分の問題、まだまだたくさんの問題が解決できていません。
私たちはこのような問題が後を絶たない現状を改善・解決するために活動しています。
皆さんの力があれば、決して不可能ではありません。
今からできることがあります!

虐待

動物虐待の件数は年々増加しています。
2018年の検挙件数は6年連続で前年を上回っています。

近年の動物虐待は、虐待の様子を動画に撮り、それをインターネットで発信するなど、より悪質化している傾向にあります。

動物たちへの虐待は「動物愛護法」で禁止されています。
この法律のもとに、悪質な虐待を目撃した場合は警察に通報しましょう。

虐待とは・・・
意図的に危害を加える行為
心理的に恐怖をあたえる行為
ネグレクト・放棄・放置 

「行わなければならない行為をやらない」
「やってはいけない行為を行う」

身近なところで今も虐待が後を絶ちません。

※散歩もせず、一緒に遊ばず、繋がれたままの犬、楽しみも喜びもない毎日、ただ生きているだけの日々、「番犬」という目的だけを果たすためだけの存在。これも虐待といえます。

動物虐待には以下の2つのタイプがあります。

1.意図的(積極的)虐待・・・やってはいけない行為をやる、行わせる。
・殴る、蹴る、熱湯をかける、動物を闘わせる等、
 身体に外傷が生じる又は生じる恐れのある行為、暴力を加える。
・心理的抑圧、恐怖を与える
・酷使

2.ネグレクト・・・やらなければならない事をやらない。
・健康管理をしない
・病気を放置する
・必要な世話を行わない
・劣悪な環境に動物をおく


近年の動物虐待は、虐待の様子を動画に撮り、それをインターネットで発信するなど、より悪質化している傾向にあります。

動物たちへの虐待は「動物愛護法」で禁止されています。
この法律のもとに、悪質な虐待を目撃した場合は警察に通報しましょう。

適切な世話を行わないなど、ネグレクトの場合は以下の機関へ連絡してください。
1.自治体の保健所
管轄の保健所がわからない場合は「保健所管轄区域案内」で検索してください。

2.動物愛護を管理する行政の担当は、各自治体の衛生課です。
地方自治体(都道府県・指定都市・中核市)の動物愛護管理行政担当組織一覧はこちらで検索してください。

3.各自治体には動物愛護センターが設置されています。
各自治体の動物愛護相談センターに通報しましょう。
東京都動物愛護相談センター
千葉県動物愛護センター
神奈川県動物愛護センター
埼玉県動物指導センター
茨城県動物指導センター
栃木県動物指導センター

また、インターネット上で虐待行為を発見した場合は「インターネット・ホットラインセンター」に通報することもできます。

★注意:動物の命にかかわるような緊急性の高い動物虐待は迷わず警察に通報しましょう!

野良猫、野良犬

もともと野良猫、野良犬は人間に捨てられたり、迷子になったままのペットたちです。
その多くが飢えや病気などで亡くなるか、殺処分をされています。保護され幸せな暮らしにめぐり合える子たちはほんのごくわずかなのです。

【終生飼養と飼い主責任】
飼い主には、ペットがその命を終えるまで適切に飼養する「終生飼養」の責任があります。どうしても飼えなくなった場合でも、飼い主が先に亡くなった場合でも、犬や猫が安全に安心して暮らせる環境を用意してあげることが飼い主の努めです。

≪野良猫・野良犬を生み出さないために≫

  • 野良猫・野良犬はもともと飼い猫や飼い犬が捨てられたり,逃げ出したり、外飼いの猫が不妊去勢手術をせずに生まれた子猫が増えたものです。
  • 野良猫や野良犬をこれ以上生み出さないために、猫や犬を飼っている方は以下のことを守って下さい。
    ■屋内飼育しましょう
    ■不妊去勢手術しましょう
    ■迷子札をつけましょう
    ■終生飼養しましょう
  • 野良猫や野良犬をこれ以上生み出さないために、猫や犬を飼っている方は以下のことを守って下さい。
    ■屋内飼育しましょう
    ■不妊去勢手術しましょう
    ■迷子札をつけましょう
    ■終生飼養しましょう

殺処分

多くの動物たちは施設に収容されると、数日から数週間の内に殺処分されます。

その方法は安楽死ではなく、二酸化炭素による窒息死という方法で苦しみながら殺されるのです。

殺処分数はここ10年程で3分の1程度まで減少したものの、依然として、年間約5万頭の犬・猫が犠牲になっています。

≪殺処分問題に対して今後取り組むべき課題≫

  • ・施設に引き取られるペットの数を減らす
    「終生責任をもって面倒をみれる人のみがペットを養育できる環境の制定」
  • ・引き取られたペットを殺処分させずに対処する
    「保護センターが民間団体の連携強化、国と自治体と民間が協力して譲渡するためのしつけやケアを行い、譲渡できない動物は終生養育できるシステムを構築させる」
  • ・引き取られたペットを殺処分させずに対処する
    「保護センターが民間団体の連携強化、国と自治体と民間が協力して譲渡するためのしつけやケアを行い、譲渡できない動物は終生養育できるシステムを構築させる」

殺処分ゼロへの疑問??

  • 近年、多くの自治体が「殺処分ゼロ」の実現に向けて順調に推移させていますが、その裏側では保護団体の活躍が大きく、殺処分される前に引き取りを行い助けているのが実態です。

    つまり一時しのぎとして保護団体に移動しているだけで根本的な解決には至っていません。
    更には、「病気や攻撃性がある」と判断した犬猫を「譲渡不適切」
    収容中に亡くなった犬猫を「傷病死」と分類して、この分類にされた犬猫は殺処分しても従来の殺処分にはカウントされずに殺処分数を発表する自治体の事例が出てきています。

    「譲渡不適切」についてを判断するためのガイドラインを策定していない自治体がまだ多くあり、自治体によって「判断基準」があいまいな状況です。
  • 殺処分が減少したことは良い結果です。

    しかし殺処分が減少したことで起きている新しい問題、そして保護団体の多大な協力に依存した「見た目だけの殺処分ゼロ」という状態では全く喜ぶことはできません。

    まずは譲渡が増えていくことが第一歩ですので犬猫を飼いたくなったら是非里親という選択肢を考えてみてください!!
  • 殺処分が減少したことは良い結果です。

    しかし殺処分が減少したことで起きている新しい問題、そして保護団体の多大な協力に依存した「見た目だけの殺処分ゼロ」という状態では全く喜ぶことはできません。

    まずは譲渡が増えていくことが第一歩ですので犬猫を飼いたくなったら是非里親という選択肢を考えてみてください!!

ブリーダー、ペットショップ

ペットショップにいる動物たちはどのようにしてくるのでしょうか。
ブリーダーの中には現在も利益優先の悪質ブリーダーが存在しています。
子犬工場(パピーミル)と呼ばれる施設で劣悪な環境の中、病気が蔓延し治療も受けられず、命を落としています。
そこでは子供を繰り返し産ませられるだけの母犬、母猫がいるのです。

※ブリーダーに対し、法律で適切な繁殖や飼育を義務付け、免許制にして繁殖回数や飼育設備の規制ができる仕組みを制度化する必要があります!!
※また、ペットショップでの生体販売を禁止し、簡単に動物を購入できないような仕組みを作る必要があります!!

ペットショップから買う人がいる以上、ペットショップの生体販売はなくなりません。
「犬猫と暮らしたい」という人はペットショップやブリーダーから買うのではなく、自治体の譲渡システムを利用し、飼い主に捨てられた犬猫の里親になってください!
まずは、買わずに飼うという選択を!

保健所や動物管理センターに収容された犬猫たちが、唯一救われる方法は、新しい飼い主が見つかることです。
自治体では、市民への譲渡システムを設けています。


 自治体の担当窓口一覧(環境省のサイト)

ひとりひとりができること

毎年5万頭以上もの犬猫が殺処分されています。
これらの問題を解決させるための選択肢はあなたにあります!

  • <犬や猫はペットショップではなく保護犬や保護猫を引き取る、という選択をしましょう>
  • <積極的に去勢、避妊手術を行いましょう>
    殺処分されている動物たちの多くが生まれて間もない子犬、子猫たちです。望まない子犬子猫は不幸になります。
  • <虐待を防止しましょう>
    動物を虐待することは、動物愛護法で禁止されています。
    虐待を目撃した場合は警察や行政に積極的に通報しましょう。
  • <あなたの選択肢>
    あなたのその選択が、動物たちの未来を変えることができます!
    苦しむ動物たちを救いたい、守ってあげたい、その想いを実現させるためには、正しい選択が必要です。
    正しい意識を持った企業や政治家を選択することで、動物たちの未来が変わることができます。
  • <積極的に去勢、避妊手術を行いましょう>
    殺処分されている動物たちの多くが生まれて間もない子犬、子猫たちです。望まない子犬子猫は不幸になります。

<去勢・避妊手術について>

  • Q
    去勢・避妊手術とは?
    A
    オス猫・犬の去勢手術では、精巣の摘出を行います。メスの場合、卵巣の摘出を行います。手術によって望まない妊娠を確実に避けることができます。
  • Q
    去勢・避妊手術は道義的な問題がありませんか?
    A
    人間の勝手で動物たちの生殖能力を奪う事に対して、倫理的な問題があるという意見もありますが、日本では毎年何万匹以上もの子犬・猫が捨てられ、殺処分されている事実があります。動物がペットとして人間社会の中に組み込まれてしまった以上、共存するために、ある程度人間によって増えすぎないように頭数を管理していかなければなりません。
  • Q
    完全室内飼いの場合は?
    A
    完全室内飼いでも多頭飼いの場合は妊娠する可能性があります。雌雄を分けた飼育を徹底したり完全室内飼いで1匹だけ飼育している場合を除き、むやみに増やさないよう飼い主の側で努力することが必要です。
  • Q
    去勢・避妊手術は道義的な問題がありませんか?
    A
    人間の勝手で動物たちの生殖能力を奪う事に対して、倫理的な問題があるという意見もありますが、日本では毎年何万匹以上もの子犬・猫が捨てられ、殺処分されている事実があります。動物がペットとして人間社会の中に組み込まれてしまった以上、共存するために、ある程度人間によって増えすぎないように頭数を管理していかなければなりません。

毛皮・羽毛・フォアグラの現状

毛皮生産の現状

毛皮生産の現状毛皮商品は生産にはとても悲惨な現状があります。
毎年何千匹もの犬、猫、キツネ、ウサギや毛皮になる動物が守られることなく、劣悪な環境におかれ、残忍な方法で殺害されています。

多くの毛皮養殖場では利益優先のため、動物たちは不衛生な劣悪な環境で食べ物も与えられず、病気が蔓延し、治療もされないまま飢え、極度の恐怖とストレスで発狂して自傷行為をしたり、殺し合ったりします。地獄のような環境で毛を剥がされるために生存しています。

毛皮やにされる動物は、安楽死はコストかかり利益を優先させるため、撲殺、首の骨を無理やり折る、窒息、感電など残酷な方法で殺されます。
中にはまだ意識がある中、生きたまま毛皮を剥がされる様子が多くの調査映像で明らかになっています。

毎年5000万匹以上の動物が毛皮搾取のために殺されています。

羽毛の現状

ライブハンドプラッキング以外の、ダウンの生産方法として「マシーンピック」があります。
マシーンピックは、食用の鳥を屠殺後に、機械でダウンを採取する方法です。

ライブハンドプラッキングとマシーンピックの、正確な割合は不明です。ライブハンドプラッキングが全体の1%未満だという報告がある一方、2009年のスウェーデンのドキュメンタリーでは、ライブハンドプラッキングの割合が、総供給の50~80%かもしれないと報告しています。

またダウンでは、屠殺前に、フォアグラのための強制給餌でさらに苦しめられる鳥たちもいます。

羽毛なども生きたままライブハンドプラッキングという方法で生きたまま羽毛をむしり取られています。

(c) VIER PFOTEN | R&D
www.vier-pfoten.org
2009年に報道された、ハンガリーのダウン生産現場

フォアグラ

強制給餌の方法手で鳥の頭とくちばしを掴み、口をあけさせる​50cmの長さの鉄パイプを、鳥の口に突き刺す彼らの体の1/4~1/3もの量のとうもろこしの粉と油の混合物を、鉄パイプを通して、胃に押し込む鉄パイプを引く抜く​胃は痙攣するが、吐き出せない状態で嗚咽を繰り返すフォアグラ 強制給餌​この工程が、一日2~3回、3~4週間、続けられる
人道的なフォアグラ生産はない

ひとりひとりができること

  • わたしたちは、ライブハンドピックもされておらず、フォアグラにもされなかった鳥から採取されたダウンを探して購入するという選択もできますが、より良い選択は、動物性のものを身に着けないという選択です。
  • 今では、フェイクファーやダウンやウールにかわる防寒具として、動物性のものを使用していないシンサレートやプリマロフトなどのハイテク素材があります。ダウンやウールよりも高機能で実用性の高いものです。
  • 今では、フェイクファーやダウンやウールにかわる防寒具として、動物性のものを使用していないシンサレートやプリマロフトなどのハイテク素材があります。ダウンやウールよりも高機能で実用性の高いものです。

動物実験の現状

動物実験

動物実験(どうぶつじっけん)とは、広くは動物を使う実験に対して危険が生じる可能性のある化学物質や機器を、人に適用する前にまず動物に対してこれを用いて実験することをいいます。

マウスやラット、モルモットから、犬や猫、ウサギはもとより、鳥類、魚類、ヒツジ、ヤギ、ブタ、ウシ、さらにはサルやチンパンジーなどの霊長類に至るまで、実験に使われる動物の種類は多岐にわたり、世界中で1億頭以上の動物が実験の犠牲になっていると言われています。

EU(欧州連合)では2009年3月、化粧品の分野での動物実験が禁止されました。
さらに、2010年9月、欧州議会は、国際的に動物実験への使用の批判が高い霊長類の使用を原則禁止する法案を可決しました。

一方、日本国内では、代替法評価機関JaCVAM(ジャクバム)が、欧米に続き設立され、活動していますが、まだまだ動物実験を擁護・推進する研究者や機関は多く、動物実験廃止までの道のりは、遠いのが現状です。

動物を使わない実験方法(代替法)

動物実験についての「3(スリー)R(アール)の原則」の遵守が国際的な流れとなり、日本の「動物の愛護及び管理に関する法律」にも、この「3Rの原則」が盛り込まれました。

3Rとは・・・
Replacement  動物を使用しない実験方法への代替
Reduction   実験動物数の削減
Refinement   実験方法の改良により実験動物の苦痛の軽減
しかし、日本では行政の代替法への理解が浅く、まだ充分に受け入れられているとはいえません。

=さまざまな代替法=
● ヒトの培養細胞
● 手術後、死亡後に提供されたヒトの組織や臓器
● ヒトの皮膚モデル
● 人間のボランティアによるテスト
● コンピュータシミュレーション
● MRI、MEGなどの画像診断
● データベースの活用
● データ解析コンピュータソフト
● 精巧なモデルやマネキン

ひとりひとりができること

  • 私たちが健康的な生活を送るために動物実験は必要不可欠ではありません。
    動物実験の実態を1人でも多くの人が知り、
    「動物実験をなくそう」
    「動物を使用しない実験方法を普及させよう」
    という動きが広がっていけば、動物たちを実験室から解放できます。
    動物実験の廃止を実現させるのは、私たちの声なのです。
  • 家族や友達など周りの人たちに動物実験のことを伝えてください。
    国や大学、企業などに「動物実験をやめて」と声を届けてください。
  • 家族や友達など周りの人たちに動物実験のことを伝えてください。
    国や大学、企業などに「動物実験をやめて」と声を届けてください。